旅を撮る

bkoshi.exblog.jp

アジア・中東そして、日本を旅した記録

ブログトップ

鶯歌(インクー)での激しい出会い

1泊2日を九分にて宿泊しました。

まさに大雨の九分。

朝に晴れている or 曇っていることを祈りつつ・・・

見事に大雨が降り続いていました・・・

嫌だな。行きたくない・・・と思い。

再び寝ることに。

朝の九時。

観光客で賑わいをみせてることかな・・・

静かな朝の九分撮りたかったな。そう思い。再び寝ようと思いましたが。

でも、2度ここにくることはない。

そう思うとすぐにカメラ片手に出かけた。

大雨が降りしきる中、九分の街はまだ目覚めていなかった。

観光客は皆無。

c0226438_2215331.jpg


おなかがすいたな。。。

でも、どこの店もしまっていた。

1店を除いては。

そこにはおじいちゃんが、丁寧におしるこになるでろうお餅を切っていた。

c0226438_22163749.jpg


小豆とか苦手だけど、このおじいちゃんが作る料理を食べてみたくなった。

c0226438_22172263.jpg


苦手なものなので、あんま美味しくはありませんが、体と共に心もあたたまりました。

そして、バスで台北へ戻り、すぐさま鶯歌(インクー)へ。

台北から電車(国鉄)で1時間ちょっとです。

台湾最大の陶器の町。

陶芸店が並ぶショッピングエリアでは、茶器や食器、置物が所狭しと並んでいます

ショッピングをするとこでした。

大雨が降りしきる中、1時間ほど歩いた。

つまんな~い。と思い。思い切って適当な店に入ってみた。

すると・・・

超すごい!!

めっちゃセンスあるし!!!

と思い、色んな店を見て周りました。

写真を載せていますが、どの店も写真は禁止です。

どうやって撮ったかというと・・・ひ・み・つ。

c0226438_2218726.jpg


c0226438_22185495.jpg


c0226438_22192513.jpg


c0226438_22195683.jpg


c0226438_22203976.jpg



そしてそしてです。

沢山入ったどの店の物も素晴らしく良かったのですが。

別格の陶芸がありました。

どくどく。と

一目見たときに、血の巡りを体で感じました。

そして・・・無の状態に。

思うことはただ一つ。

「美しい・・・」

値段はどうでもいい。と思い購入したいんですけど。と店員さんに伝えた。

すると、大丈夫ですか?とのこと。

あ~・・でかいもんね・・・壊れそうだし・・・。と思っていたら。

値段を聞いてびっくり!!150万でした・・・

値段はどうでもいい。そう思いましたが、桁が違いました・・・


写真を載せておきます。








c0226438_2227943.jpg


先生の名前:Tsai Wei Cheng
      蔡尉成

ホームページ:http://www.cheng-sculpture.com.tw/
       


ただの、アバタージャン・・・

そう思われた方、普通じゃね。。。と思われた方。

申し訳ありません。私のカメラの腕が・・・なくて。

でもね、凄かったんですよ。


Nikon D700
Nikon 35mm f2.0
[PR]
by b-koshi | 2011-04-05 22:41 | |-台湾